読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなブログ開発ブログ

はてなブログの新機能など開発に関する情報、公式のお知らせを発信します。

ブログ グループで、はてなスペースと連携して掲示板を設置できるようにしました

新機能

本日、はてなブログの ブログ グループ を、はてなのサービス はてなスペース と連携できるようにしました。連携したスペースのトピックを、グループの掲示板として設置できます。

同じ趣味や興味のブログ仲間とつながる「ブログ グループ」と、同じ趣味や興味の仲間と会話を楽しむ「はてなスペース」が連携したことで、つながったブログ仲間同士が直接的なコミュニケーションを楽しめるようになりました。どうぞご利用ください。

掲示板を設置したブログ グループの例
はてなスペースをブログ グループに連携し、右サイドバーで掲示板として利用できます

ブログ グループに掲示板を設置する

グループの掲示板は、グループページの右サイドバーに新設された「〈グループ名〉の掲示板」欄に設置できます。

掲示板を設置するには、グループページの右サイドバーにある「掲示板を設置」ボタンをクリックします。ここでスペースをひもづけるために、グループ専用のスペースを新しく作る方法と、すでにあるスペースから選択する方法があります。

グループ専用のスペースを新しく作る

グループの参加者で会話を楽しむ場所を新たに設けるには、新しいスペースを作って掲示板を設置してください。

「このグループ専用のスペースを作る」というラベルの下にある「スペースをつくる」ボタンをクリックすると、グループと同名のスペースが自動的に作成され、掲示板が設置されます。

グループ管理者が掲示板を設置するときには、「グループ参加者に通知する」にチェックを入れて、スペースへの参加を促すことができます。通知は、はてなのヘッダメニューにある「あなたへのお知らせ」に届きます。

すでにあるスペースから選択する

グループ参加者の多くが参加しているスペースや、グループ管理者が作成した同じ目的のスペースがすでに存在している場合や、同じ趣味の人が広く交流しているスペースが盛り上がっている場合などは、すでにあるスペースから選択するとよいでしょう。

「すでにあるスペースから選ぶ」というラベルの下に、似たテーマのスペースが自動的に候補として表示されます。目的のスペースを選択して「選択したスペースで設定する」ボタンをクリックすると、そのスペースの既存のトピックが、グループの掲示板として設置されます。

表示されているスペースが目的に合っているかどうかは、「詳細」ボタンをクリックすると確認できます。なお、候補として表示されないスペースとひもづけることはできません。

スペースとの連携を解除する

連携しているスペース名にマウスを合わせると、右側に のようなメニューが出ます。ここから「スペース連携解除」をクリックすると、連携を解除できます。

スペースとの連携に関する注意点

グループとスペースの連携は、はてなユーザーであれば自由に設定できます。ただし、グループ管理者が連携を設定すると、一般の参加者では変更できません。

グループが無関係のスペースと連携されている場合などは、グループの管理者が適切なスペースと連携させるとよいでしょう。

設置されたグループ掲示板の使い方

スペースと連携すると、連携したスペース名とトピック名が、グループページの右サイドバーに表示されます。

トピック名の下に掲示板が設置されており、画像つきの投稿や、Twitterへの同時投稿ができます。また、仲間の投稿にスターをつけたり、コメントで会話を楽しんだりできます。

はてなスペースの利用について

掲示板のスペース名やトピック名をクリックすると、連携しているスペースに移動し、はてなスペースのさまざまな機能を利用して、よりコミュニケーションを楽しむことができます。

また、グループの掲示板に投稿すると、連携先のスペースを自動でフォローした状態になります。

はてなスペースの機能や使い方については、はてなスペースの「ヘルプ」などを参照してください。

はてなスペースとは?

はてなスペース は、音楽やアニメ、スポーツなど、同じ趣味や興味を持った人同士で会話や情報共有が楽しめる、コミュニティサービスです。特定の興味単位でスペースを作り、その中で話題ごとにトピックを立てて、会話を楽しんだり、役立つ情報や写真をみんなで集めたりできます。

現在、はてなスペースはベータ版として運営しており、投稿やスペースの作成などのご利用は15歳以上の方に限らせていただいています。

同じ趣味や興味で集まり会話を楽しむ「はてなスペース」と、同じ趣味や興味のブログ仲間がつながる「ブログ グループ」は、今後も相互に連携し、より便利に楽しくご利用いただけるよう開発を進めてまいります。