読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなブログ開発ブログ

はてなブログの新機能など開発に関する情報、公式のお知らせを発信します。

寄稿:はてなブログのSEOが優れている7つの理由と、さらにSEO効果を高める5つのTIPS

HowTo
はてなブログでは今回、SEO専門家の 辻正浩さん に「はてなブログSEO」について寄稿いただきました。SEOに興味のあるブログ運営者の方にはかなり役に立つ内容となっています。どうぞお読みください。

はじめまして、辻正浩(id:t-w-o)です。フリーランスSEO専門家をしています。Webサービスを中心にさまざまな有名WebサイトのSEOをお手伝いしており、はてなブログにもSEOのアドバイザーとして協力しています。

今回、開発ブログにお邪魔して、はてなブログSEO効果と、ブログ記事をより検索されやすくするポイントをご紹介します。

本稿の構成

無料ブログをSEO面で比較するポイント

数ある無料ブログの中で、はてなブログSEO面で最強だと考えています。

そもそも「無料ブログのSEO」で重要なことは何でしょう? 「ブログ」を検索したときにサービスのトップページが上位にいることでしょうか? 違いますよね。あくまで、サービスを使っているユーザーの文章が、検索エンジンを通してより多くの人に届くようになっていることです。

ブロガーの方々はさまざまな想いがあって文章を書かれていると思いますが、「できるだけ多くの人に読んでもらいたい」という気持ちは同じでしょう。その想いを表現する場所として選ばれたからには、Webサービス運営者は可能な限り多くの人々に伝えられるよう工夫すべきです。その手法のひとつがSEOでしょう。

ブログのSEOにはさまざまなテクニックがあります。本来は、そのブログの更新頻度や記事の量・内容によって、細かくチューニングしていくべきです。しかし、無料ブログはユーザーごとにさまざまな使い方をされています。ユーザーの自由な活用を阻害しないようにしつつ、できるだけ多様な使い方に対応するには、システム面でのSEO対応が重要になります。

それでは、はてなブログでは実際にどのような配慮がされているのでしょうか? そのいくつかを紹介します。

はてなブログSEOで効果的な7つの理由

1. 最適なマークアップと内部リンク

SEOの基本部分は、適切なHTMLマークアップと内部リンクです。はてなブログでは、利用者の自由を阻害しない範囲で、可能な限り最適なものを目指しています。

カスタマイズが自由に行えることもはてなブログの特徴の1つですから、かなりの部分をユーザーが変更できます。しかし、変更できない箇所や、変更できるところでは多くの方が利用する初期状態で、検索エンジンにかなり評価される形になっています。

2. 適切なスパム対策がされている

Googleは、Webマスター向け公式ブログの記事「サイト運用のためのサービスは慎重に選びましょう」で、無料ブログなどの選び方について説明しています。

ここで説明されているポイントの1つに「スパム行為が行われていないか」ということがあります。はてなブログには、この記事にある有料リンクや隠しリンクのようなスパム行為はありません。また、Googleが懸念している「共有ドメインのスパム汚染」についても、厳格な取り締まりを行っているようで、安心して利用できます。

3. Googleウェブマスターツールを利用できる

上で紹介した Googleの記事 では、もう1つのポイントとして「ウェブマスター ツールを利用できるか」を挙げています。Googleウェブマスターツール は、サイト運営者にとって有用なツールですが、一部の無料ブログでは対応が不可能、もしくは非常に困難な場合があります。

はてなブログでは、設定画面の 詳細設定 から簡単にGoogleウェブマスターツールが設定できます。もし未登録の方がいましたら、ぜひ登録をご検討ください。

4. 読者にも検索エンジンにも優しいスマートフォン対応

Googleは、スマートフォンサイトのSEOについても いくつかの仕様 を公開しています。ここでは レスポンシブWebデザイン が最も望ましいとされていますが、はてなブログでは回線状況がPCに比べて劣ることが多いスマートフォンでも快適に利用できること、ユーザーがデザインを変更できる自由度などを優先して、レスポンシブWebデザインは採用していません。

その代わり、PCにもスマートフォンにも同じURLを見せつつ、それぞれに見やすいHTMLソースを配信するDynamically Serving(動的な配信)の形式を採っています。Googleが推奨するように、HTTPヘッダーでもVaryに対応しており、読者にも検索エンジンにも優しいスマートフォン対応となっています。

スマートフォンでもPCと同じURL

また、PCとスマートフォンでURLが異なるよりも、同じURLを見せるほうが、検索エンジンが評価するリンク価値も高くなる傾向があり、SEOの観点でも望ましい状態です。

5. 記事の更新をできるだけ早く伝える

いま話題になっているトピックを取り上げる場合、可能な限り早く検索エンジンで検索される状態にしたいでしょう。いくつかのシステム上の対応を行うことで、早く検索されるようにできます。

はてなブログでは、記事の公開を素早く検索エンジンに通知できるGoogleの新仕様 PubSubHubbub や、サイトマップ更新Pingにも対応しています。定期メンテナンスによる停止も最低限に抑えられており、書かれた記事を素早く検索エンジンに伝える配慮が十分に取られています。

また、サーバー環境によっては、新しい記事の公開や更新が、検索エンジンに伝わりづらくなることがあります。安価なレンタルサーバーでブログを運営していると、記事が話題になったときにサーバー負荷が高まり、読者が読みづらい状態になります。こうなると検索エンジンもサイトを訪問できなくなり、情報の更新が把握されなくなります。

ブログサービスなど大きなWebサイトでは、検索エンジンがデータを取りに来る頻度の面で、サーバーの速度が大きな影響を与えます。はてなブログでは、サーバー環境も、検索エンジンが読むファイルのシンプルさにおいても、この問題が発生しにくくなっています。

6. 未来を見据えたHTML5対応

はてなブログは、HTML5 で記述されています。HTML5ではさまざまな意味ある要素が追加されたことで、ページの論理構造を検索エンジンに伝えやすくなっています。

2013年3月現在では、HTML5だからといって検索エンジンからの評価が高まることはありません。しかし、今後HTML5が主流になると、検索エンジンもその論理構造を認識し、ページ評価に活用しはじめることでしょう。

そうなったとき、多くのユーザーを抱えて独自のCSSを活用している無料ブログがHTML5化するのは、リニューアルなしでは簡単なことではありません。はてなブログは、2011年末に生まれた新しいサービスのため、当初からHTML5に対応できています。

現段階におけるHTML5化の利点として、セマンテック情報の記述が比較的スムーズに行えることがあります。セマンテック情報は、検索エンジンも読み取って検索結果の表示内容に反映したり、評価を変更することもあります。

7. サービス内からの被リンク

一般に、Webページが検索エンジンに評価されるには、リンクされること(被リンク)が必要です。多くのブログサービスで、ユーザーが記事を投稿したときに、それぞれの特徴を活かした形でリンクされるようになっています。

はてなブログでも、多くの人に記事を見てもらう「旬のトピック」や、そのほかさまざまな形でユーザーのブログを紹介する仕組みを用意しています。こういった仕組みは、検索エンジンでも評価されることになります。

旬のトピック

あなたのブログを検索エンジンにより評価させる5つのTIPS

ここまでは、はてなブログのシステムにおけるSEOのポイントを紹介してきました。しかし、利用しているユーザーの皆さんにとって、システム面の話を気することはそれほどないでしょう。

皆さんのブログがより多くの人に見られるには、やはり記事を書くときの工夫が必要になります。ここからは、ブログ記事を書く上で特に注意したいSEOのポイントを紹介します。

1. 記事中に適切な見出しを入れる

検索エンジンは、ページの構成を把握しようとします。

例えば、1つの記事で2つの話題を扱っていると、話題をまたがった検索で評価されにくくなる傾向があります。「バイクでツーリングに行って目的地でラーメンを食べた」という記事を書いたとして、ツーリング中に立ち寄った観光名所の名前と、目的地で食べた「海鮮ラーメン」という2つの単語で検索してもなかなか評価されません。

このような場合、無理矢理に評価させるべきではありません。むしろ、この記事には2つの話題が含まれているということを、検索エンジンに認識させるべきです。そうすれば、ツーリングについての検索と、目的地のラーメンについての検索の両方に対応できます。

このように、文書の内容を検索エンジンにわかりやすくしておくことが、SEOの基本です。これに一番役立つのは、見出しです。HTMLのh3h4といった見出しを使いましょう。その文書に話題がいくつあって、どれが親子関係にあたるかといったことが、見出しで表現できます。

もちろん読者にとってもわかりやすい記事になります。

はてなブログでは、入力補助ツールバーの「書式」から簡単に見出しが設定できます。

見出しを簡単に挿入

2. カテゴリーの分類とURL

ブログの記事にはカテゴリーを付けましょう。話題の種類によってカテゴリーを分けておけば、検索エンジンでも同じ話題の記事だと認識され、評価されやすくなります。

もちろん読者にとっても有益でしょう。

記事にカテゴリーを付ける

また、はてなブログでは、記事URLを自由にカスタマイズできます。標準通りのURL構成でも問題はありませんが、理想的には同じカテゴリーの記事を同じディレクトリに配置することをお勧めします。SEOを突き詰めたい方はご検討ください。

なお、いったん公開した記事のURLを後から変更することはお勧めしません。URLを決めるときは、二度と変えなくてよいようにしっかりお考えください。

3. 内部リンクを積極的に利用する

自分のブログの過去の記事にリンクを張りましょう。もちろんまったく無意味なリンクを張ってはいけませんが、過去に投稿した記事の内容に触れるときには積極的にリンクを張るべきです。

また、はてなブログのサイドバーでは、「リンク」を含むモジュールを自由に追加・変更できます。このうち「最新記事」「カテゴリー」「月別アーカイブ」の3つは外さないでおくことをお勧めします。

サイドバーの「最新記事」モジュールを設定

4. タイトルはよく考えて!

Webページのタイトルは、検索エンジンが誕生した頃から変わらず、最も評価される部分です。ここには可能な限り「検索されたいキーワード」を入れておくことをお勧めします。もちろん、盛り込みすぎて不自然なタイトルになってしまうと、ソーシャルメディアはもちろん検索結果でもクリックされないので注意が必要です。

5. 検索結果に著者情報を表示する

Googleは今後、それぞれのページを誰が書いたかというポイントを、評価に加えていくものと考えられています。その第一歩が、最近Googleの検索結果に表示される顔写真、すなわち著者情報です。

検索結果にGoogle+の著者情報

検索結果に著者情報を表示させるには、本人の顔写真や実名を Google+ に登録することが必要です。はてなブログでは、設定画面の 詳細設定 から、ブログ側の設定が簡単にできます。もしインターネット上で公開して問題ないのであれば、ぜひ設定しておきましょう。

Google+プロフィールの設定

はてなブログが今後さらに期待できるたった1つの理由

本稿では、はてなブログSEO効果と、ブログがより多くの人に読まれるポイントを紹介しました。

ここまで書いてなかったことですが、はてなブログSEO上の利点について、非常に重要なポイントがあります。それは、高速に改善が続いていることです。この「はてなブログ開発ブログ」の 記事一覧 を見てください。新機能や改善が毎週リリースされ続けています。

検索エンジンはさまざまな形で進化を続けています。最近でも「スマートフォンへの対応方式の変更」「著者情報の導入」「リッチスニペット」など、いくつもの新機能や改善が発表されました。これらに対応し続けるのは難しいことです。しかし、はてなブログ検索エンジンの新機能に次々と対応しています。

はてなブログはまだまだ完璧ではないでしょう。しかし、この改善速度を見ていれば期待できるのではないかと考えます。SEOに関する改善ポイントもまだまだありますが、引き続き改善を提言していきます。はてなブログを利用している方の想いが、より多くの人に伝わるよう、どうぞご期待ください!

本記事は2013年当時の文章であり、サービスの仕様や状況の変化により現状と合っていない事象もありますが、SEOに関する考え方、取り組み方は当時と変わっておりません(2015年6月1日 追記)